娘の進路に戸惑う その1

娘が3歳の頃、ピンクレディーが📺で歌うのを聴き、踊ったりする姿を見て、妻がピアノの幼児教室に連れて行く。楽器で親子で遊びながら初めてエレクトーンと出逢う。先生や教室の友達と仲良くなり、その間教室を卒業し、個人レッスンに移り10年、娘は🎹ピアノとは離れられない生活。中学から音高には行かず、高校の普通科(入試対策)に行き、音大入試を目指す。親は全くの音楽音痴の為、先生から先生へとバトンタッチで進み、私に出来ることは個人レッスン先生宅へ車で送迎と待機。芸大ピアノ科を目指すが、先生は奇跡が起きないと合格は無理と・・・娘も泣きながら練習し頑張る。そして入試発表の日、掲示板を見るが娘の受験番号が中々見つからない。諦めたかけた時、あった合格だ‼️。美術学部.音楽学部の学科別に発表されるので、声楽〜打楽器〜金管楽器〜ピアノの為、一番最後になるのを知らず、後から聞きピアノ科の合格者は、たったの《14名》正に奇跡が起きたと、音楽音痴の私達夫婦は思った。