娘の進路に戸惑う その2

おそらく14番目に滑り込みで、奇跡が起き公立の芸大ピアノ専修科に合格した娘。師事した教授にも導かれ、充実した4年間を過ごした。ところが卒業を半年前になった頃、ドイツの音大に留学し、もっと勉強すると言い出す。予想外の話に愕然と・・旅費.学費.生活費.誰が❓娘の答えは、旅費と生活費はRクラブの国際親善留学生として援助を受け、大学の学費は日本人は無料、不足分だけ助けて欲しいと。そしてドイツの引受人も決定済、全て青写真を描いていた。反対することも出来ず、夫婦で認めざるを得なかった。

卒業前後の1年間ドイツ語の勉強し、国立M音楽大学芸術家育成課程入学、ホストファミリーも決定し2000年の秋ドイツに旅立つ。