娘の進路に戸惑う その5

久しぶりに過去の娘の話です。

 

三年間の留学で後半年で帰国と思いきや、又々裏切り発言「後、二年間大学でソリスト育成課程で勉強をしたい」と言い、生活費等はMのRCが奨学生として奨学金を出して下さるとの事。その他はアルバイト(寿司店やドイツ人にレッスン)で捻出する。全て青写真を描いていた。

 

結局、妻と相談したが娘の決断したのを、覆す事は出来ず渋々了承する。あと二年間の辛抱ダ!

 

渡独五年間には色々な事が有った。

十数年間、認知症だった私の母親の他界。

息子の結婚。その他多数。

 

その都度、遠くドイツから安い運賃を探して何回か帰ってくる娘の行動は、男勝りでした。