元旦なのに何時ものパターンです。

何時もの時間に透析センターに出発です。

 

電車はガラガラで、初詣客がチラホラ乗車。

 

降車駅も看護師さんか?数人降りる。

 

救急救命センターはかなりの患者さんで、待合室が満杯です。

 

何時もの透析メンバー。先生、看護師さんの出迎えを受け、新年のあいさつをし何時ものパターンで透析終了。

 

今年も週3回、透析主体の生活が始まりました。